25
0507

5月25日の日記

長く激しい雨が降った。

昼に、研究室でemaさんとTOEIC公式模試のリスニングパートをやった。
コンスタントに300点を越えるようになってきた。
隣では五年生が、アニメを見ていた。
まあ注意しないぼくも悪い。

駅前の道を歩いていた。
三歩ほど先を、学生ふうの女性が歩いていた。
白のカットソーと黒のタイトスカートで、後姿が深津絵里みたいだった。
彼女があんまり自然に歩いているので、
ぼくはしばらく、彼女が傘をさしていないことに気づかなかった。
そういうことって、たまにある。
なかなか素敵な体験だと思う。

教習はあまりうまくいかなかった。
運転が上手くなりたいかと問われれば、別にそうでもない。
車社会は終わってると思うし、車産業はもうジリ貧だと思うのだけれど、
結構みんなはそうは思っていないようで、これはやっぱりぼくの理想論なんだろう。

でもやっぱり、自分で運転しないと進まないだなんて
移動手段としてかなり低いと思う。

車関係で、速い車が格好良いという感覚も理解できない。
別にそれは良いとか悪いとかいうことではない。
むしろ、好きなものが多いということは幸せなことだろうと思う。

速いのが好きなら、エベレストに登って、その地点の公転速度を計算すればいい。
運がよければ、その瞬間人類で一番速く移動している者になれるかもしれない。

でも、人間を乗せていないものの方が速い。
現在、地球上で最もチェスが強いのはコンピュータだ。
将棋はまだまだ、人間の方が強いらしい。
彼らこそ真の天才だと言ったのは森博嗣だったか。

posted on 2007-05-25 17:06 | Tags :