20
0108

『攻殻機動隊』『電脳メガネ』どころではない拡張現実感技術の現在

実はぼくはまだ電脳コイルは第一話しか見ていないのですが、どうやら拡張現実感(AR: Augmented Reality), 仮想現実感(VR: Virtual Reality), 複合現実感(MR: Mixed Reality) といったキーワードによって語られる技術がインフラとして普及した世界が舞台になっているようです。
かく言うぼくも実はAR研究者の端くれの端くれでして、このあたりの話題についてはアンテナを張っています。

ARという技術は『現実世界にディジタル情報を重畳させることにより、作業支援・ユーザインタフェース・エンタテイメント応用などにおける情報提示に役立てよう』というコンセプトに基づいて20年ほど前から研究が進められています。
ざっくりと言いますと『現実世界にディジタル情報を重ね合わせて色々できるようにしようぜー』ってことです。スカウターもARです。攻殻機動隊もARです。最近はニコニコ動画でもARを応用した動画が見られるようになってきましたね。いったい誰の影響でしょうか。

さて、今回はこのAR研究において、衝撃的な動画を見つけましたので、これを紹介します。

何よりもビデオを見ていただくのが一番早いでしょう。

上は、2007年11月中旬に奈良で行われたISMAR 2007(複合現実感国際会議)で Best Paper Award を受賞した研究発表のデモです。
是非とも1:00あたりから始まる「龍安寺の石庭で戦うダースベーダー」の映像を見ていただきたい。おそるべきは、これがリアルタイムで、しかもノートPCで動いているという点。
作者のホームーページはこちら(Georg Klein Home Page)です。

簡単な解説を加えます。
この技術をざっくりと言いますと、『カメラの入力から特徴点を取得・追跡をすることで3D空間のマップ作りを行い、それに基づいて3Dディジタル情報を書き込み提示する』という技術です。特徴点追跡とマッピングのスレッドを分離することで、数千個の特徴点を実時間で扱うことが可能になっています。
詳細についてはすごく技術的な話になってしまいます。作者のホームページで論文が公開されていますし、『自然特徴点/特徴点追跡/三次元復元』あたりのワードで検索をかけるといくつか関連論文が見つかりますので、各自そちらでお願いします。

ぼくはこの研究を、2008年1月18日に行われたPRMU(パターン認識とメディア理解)研究報告会での会議報告で知りました。今回の研究会のテーマはまさに「拡張現実感/仮想現実感技術(AR/VR)について」でした。会場にはそれはもう日本のAR会における著名人がたくさんいらっしゃったのですが、報告内で講演者がこの動画を背にしながら「こんなもんやられたら、ぐうの音も出ませんね」と言い会場の苦笑を誘ったのが印象的でした。

そう、本当にぐうの音も出ません。当日は工学ナビの橋本様と合流でき(この度はありがとうございました)、帰り際にこの研究について話すことができました。「さすがにここまでくるのはもう数年先のことだと思ってました」「しかもソースコードまで配布されるともうやってられませんねー」「マーカー系AR研究者全員涙目じゃんw」「それなんて俺wwサーセンwww」

こんにちは、涙目です。 作者様のソースコード公開に期待しながら、頑張って英語論文を読みましょう。(ソースコード公開について、動きがあったようです詳細はこちら)

マーカーを用いていないこの研究の課題は、『どの位置にどの情報を重ね合わせるかの判断が(自動では)できていない』という点にあるかと思われます。動画では手動のマウス操作で行っていますね。この課題については、ぼく程度でもいくつか解決法が思い浮かびますので、時間の問題でしょう(あるいはそのあたりはアプリケーション依存なので、技術の汎用性のためあえて実装していないのかも)。

2028年には一部でAR/VRのインフラ化が起きているだろう、というのがぼくの至極個人的な読みです。電脳化については生体実験の難しさや倫理的な課題もあるので、ぼくらが死ぬまでには難しいかもしれませんが、電脳コイルくらいの時代には到達できる可能性が十分にあります!

うわ!テンション上がってきた!
ちょっと電脳コイル借りに行ってくる!

追記(2008/01/23 11:59)

↓こちらへコメントへの返信を掲載しました。
【『攻殻機動隊』『電脳メガネ』どころではない拡張現実感技術の現在】へのリアクション | 王様の箱庭

↓こちらへソースコード公開の件についての訂正を掲載しました。
【攻殻~電脳コイル~どころではない~ (ry 】について訂正 | 王様の箱庭

 

---

追記。

大学入学を機に一人暮らしを始めて以降、両親にはなかなか顔を見せる機会がありませんでした。心配をかけながらも、慣れない生活や大学の課題に実習、そして追われるように始めた就職活動と続き、未熟者の私の気持ちは自分のことでいつも精一杯でした。そして苦労の末に就職が内定した時さえも、実家へは電話で報告しただけで残りの学生生活は卒論の追い込みとアルバイトであっという間に終わりました。卒業してから社会人になるまでの3週間は大学の友人たちとの旅行に費やしてしまい、やはり親孝行らしいことは何もしませんでした。

社会人になればなったで、これまでとは違う忙しさに目が回りそうな毎日の連続。やはり故郷の両親のことは思い出すゆとりさえありませんでした。そんなある日、勤め先の上司と世間話をしていたとき、ふと故郷の話題となりました。上司自身も若いころには自分のことさえも見えていなかったと、前置きをしたうえで、「立派な社会人になれたのは、ご両親の理解と支えがあったからこそ。これからはできる限り親孝行に務めた方が良い」とのアドバイスをもらいました。そこで初めて、父親が60歳を迎える年齢であることを思い出しました。そして、18の春以来、数えるほどしか実家にも帰っていなかったことを大いに反省。ここは上司の言うように、無事に大人として成長できたお礼と感謝を込めてなにか還暦祝いのプレゼントを贈ろうと考えました。

早速、週末にデパートへ出掛けたり、ギフトショップに立ち寄ったりしてみたものの、「これだ!」という品には出会えませんでした。そんなとき、湯飲みやぐい飲みなどのお椀やお猪口、さらには日本酒の酒瓶本体にまで、メッセージとともに名入れのサービスをしてくれるショップの存在をしりました。問い合わせてみれば、大抵の食器類や万年筆、ネクタイなどに名入れをしてもらえるとのこと。そこで、お酒が大好きな父のために、江戸切子の細工が美しいグラスを母用とペアでプレゼントすることにしました。もちろん、それぞれのグラスにはさりげなく父・母の名前を入れてもらいました。

そして父が還暦を迎える月初めに、そのお祝いを持って久方ぶりに帰郷しました。還暦のお祝いを手渡す時には少々照れくさかったものの、想像以上に嬉しがる両親の様子を見て、改めてこれまでの感謝の思いが湧き出てきました。ネーム入りのグラスはとても好評でした。なにか特別なプレゼントにしたかった気持ちと、名入れも喜んでくれるかなという思いから選びましたが大正解でした。この世に二つとない素晴らしいプレゼントができて満足しています。

posted on 2008-01-20 17:10 | Tags :