02
0808

2008年7月30日(水) お尻が痛くて死ぬ/東京へ行くために/移動手段としての車が内包する不可能性と悲しみ

23時に寝て、8時に起きた。ものすごく快調らしい睡眠時間であるが、23時就寝は体の怠さのため。少し熱っぽく、関節が痛い。あと腰とお尻が痛い。これは座っている時間が(つまり姿勢の悪い時間が)長いためだと思う。このまえN久保くんが「俺はお尻が薄いからお尻が痛くて死ぬ」というようなことを言っていた。ぼくもきっとお尻が薄いのだろうと思う。いつかぼくにも、お尻が痛くて死ぬときがくるのだろう。そのときは水を入れたペットボトルを持っていこう。

8月9日に、東京でコンピュータビジョン関連の変態勉強会がある。コンピュータビジョンの変態を勉強する会、ではないので注意が必要である。しかし大差はないようにも思われる。実はお金があまりないぼくは、六千円ほどの夜行バスで移動することになるのだが、8月8日の夜行バス(JRの定番、ドリーム号あたりが)軒並み満席というていたらくであった。仕方がないので昼行バスのチケットを購入した。14時ごろに大阪を出発し、20時ごろに東京へ到着する。ぼくはその間、のんびりと車窓をながめながら輪講資料の準備(英語論文の翻訳)にいそしもうというわけである。たぶんビールとか買って昼酒しちゃうのだろうけれど。

ぼくが車という移動手段を極端に嫌うのには、大きく3つの理由がある。
『移動しながら別の作業ができない』『アルコールが飲めない』『高慢な感じがする』
アルコールを除く2つの理由については小学生のころには意識されていたのを覚えている。ぼくにとって移動時間というのはイコール読書時間であった。読書できない移動時間なんてものは、睡眠障害な雌牛のクシャミほどの役にも立たず、それこそ移動しない方がマシなのだという評価だった。これは当時のぼくの評価であって、絶対的にこうだという主張ではないということを述べておく。

IVRCのミーティングがあり、I垣くんとぼくは波紋をプログラミングすることになった。プログラムの仕様を考えるのは楽しい。もしかしたらコードを書くことよりも楽しいかもしれない。ぼくはプログラマ向けではないのだろう。
夜はプログラミング演習の課題をやった。自動販売機のシミュレーションを、見よう見まねのjavaで書いた。なんとなくでも書けるのがすばらしい。ある問題を、適度にシステマティックでロジカルな方法論で解いていくのは気持ちがいい。パズルゲームのようなものだろう。

レポートを書きながら、ニコニコの料理動画とウテナを少し見た。自宅でのデュアルディスプレイは効率が下がる。サブディスプレイで動画を再生するためだ。

posted on 2008-08-02 08:16 | Tags :