14
0309

1999年、夏、沖縄/Mr.Children

歳を取ると聴く音楽も変わってきますが、年に二度ほどのペースでふいに聴きたくなる音楽がいくつかある。
というわけで僕が愛した音楽シリーズ。

15歳の頃に私的ミスチル期は終わったのだけれど、なにかの折りに桜井さんの歌が聴きたくなることがある。どうにも「ミスチルは別格」という意識があり、そういった評価の固着はアーティストとしては望むべからぬところであるのだろうけれど、それを差し置いて依然ぼくの中では「ミスチルは別格」なのである。年間に5曲も耳にしないにもかかわらず。方向性は違うが、甲本ヒロトへの思いに近いものがある。

彼らの創る音楽が好きだし、個人的に「ミスチル編曲」と読んでいる楽曲のパターン(ラストのサビ前に異なったメロディを挟む構成)も好きだし、桜井さんの瞑った目の輪郭も好きだ。ただ日常に聴くということがないだけであって。こういうのはなんて言うんだろう。ファンとは言えないかもしれない。しかしぼくがミスチルを魅力的に感じているということは事実であるようだし、できる限り続いて欲しいと願う。

人生で最初に買ったCDが、Mr.Childrenの「光の射す方へ」だった。中学生の頃だったろうか。中学校のおよそ三年間は、人生で唯一音楽をテレビやラジオで追いかけた時期だった。小学生の頃は特に自分から音楽を聴くこともなかったように記憶しているし、高校生になってすぐにブルーハーツやハイスタンダード、ゴーイングステディといった青い青い、大きなメディアで取り上げられないタイプの音楽を聴く時期に入った。中学生の三年間は、実はものすごく長いものだったのだと最近は思う。部屋の床に仰向けに寝転んで、レフトとライトが分割できるステレオのスピーカーを頭の両サイドに置いて、買ってきたCDをスタートさせ、歌詞カードを眺める。あのドキドキ感は、いつまでも覚えている。

posted on 2009-03-14 02:09 | Tags :

23
0309

[Photo] Colors, Black-White をアップ / アウトプット就活刹那愉快

Photoページに、Colors、Blask-Whiteをアップしました。

更新が隔たってますが、まあ就活とかやっておるわけですね。
あまり無理をしてまで書きたいことがないというのも正直なところです。
「アウトプットは大事だ!」という文句は各地で叫ばれているところであり、ぼく自身も108ある座右の銘のひとつに数えておるわけですが、個人的な認識としては「アウトプットは大事と言えどもすべてに優先される程のものでもない」というのも最近思うところとして持っています。

最近のぼくは、楽しいならそれでいいよねーと思っています。
「今が楽しければそれでいい」という言葉は、あまり好ましくはない、坂口安吾的な堕落指向の刹那主義に近いニュアンスを浮かばせますが、全ての指向にはレベル(程度)があるように、刹那主義にもレベルがあるわけです。
そして、好ましくないほどの刹那主義に向かえ得る(そういった志向を芯から受け入れることのできる)人間は、本当に少ない。少なくともぼくの視界にはほぼいない。

幸運なことにぼくは今の就職活動を(どちらかと言うと)楽しんでおりますが、たとえばこれが苦しいものであったとしても、ぼくは就活を辞めて学校も辞めてネオニートになったりタイで暮らし始めることはないんですね。それはぼくが業務を通じてどこかの誰かに提供できるプレゼンスにわくわくしている気持ちがあり、そこへの経路として就活が必要なのであれば、多少の苦労はいとわないという気持ちがあると自分なりには考えておるわけです。
これは打算です。しかしここでぼくは打算という言葉を一切の道徳的否定を含まずに使う。もちろんここには不本意ながら世間体といった単語が影響していることを否定できないのですが、それでもなお、アウトプットをないがしろにしてもなお、ぼくはまたToDoリストにある「○○社エントリーシート執筆」という項目の優先度をひとつふたつと上げるわけですね。

この思考(もしくは志向、あるいは精神性)は私事ながら面白いものよのうと思っておるのですが、まあなんと言いますか、そういうわけです。

この「就活」という単語を他の言葉に置き換えて考えるとまた違った観点からの同様の面白さが(あるいは同様の観点からの違った面白さが)生まれ、ああ生活というものはまことに愉快よのうと思ったりもするのでした。

posted on 2009-03-23 08:58 | Tags :

24
0309

最近興味深かったページ(2009年3月24日)

posted on 2009-03-24 04:54 | Tags :